2016年4月15日 ブルゴーニュ2日目

こんにちは。花島です。

フランス買い付けの旅2日目は、ディジョンを出発し、コート・ド・ニュイの蔵元を中心に訪問。

1軒めは、こちらもラ・ヴィネですっかりお馴染みとなった、ジュヴレのジャンテ・パンシオへ訪問です。



2年前にジュヴレの中心部から少し離れた場所に新築した真新しい建物です。
地下には、プラベートストックが並ぶセラーがあり、そちらでテイスティング。
DRCやCHディケムなど、高級ワインがずらりと並んでいます。


現在ラ・ヴィネでは2013年をご紹介していますが、今回は2014年をテイスティングさせてもらいました。





いずれのワインも、力強いタンニンを感じさせながらしっかりとした酸も残り、今後の熟成が楽しみな仕上がりでした。

2軒めは、昨年高野ソムリエも訪問している、フランソワ・ラマルシュへ。



マダムの案内で、2015年をバレルテイスティングさせてもらいました。
しかも、今回はわずか2樽しか造られていない
知る人ぞ知るワイン、グランド・リュのキュヴェ・スペシャルもテイスティング出来ました!
こちらのワインは残念ながら、全てすでに販売先が決まっているとのこと。
非常に貴重な体験をさせてもらうことが出来ました。

実は、まだ日本に来たことがないというマダムは、以前、香港に行った際に神戸牛がとても気に入ったらしく、
日本に行きたい!とのことで、ぜひ日本でお会いしましょうと、約束。マダムの来日が楽しみですね。

ちょうど、味わいの落ち着いてきた2012年が入荷してきましたから、こちらもぜひよろしくお願いします。

3軒目は、シャンボールの蔵元を訪問、なんと1550年設立と非常に長い歴史がある蔵元です。こちらはバックヴィンテージのラインナップも紹介してくれるとのことで、ご紹介まで少しお待ちくださいね。