都内某ワインバーにて

お休みに都内の某自然派ワイン専門ワインバーに行ってきました。
まえまえから是非行ってみたかったところで、予約もせず行ってみました。

幸い時間も早かったことから何とか入ることができ、さっそくワインを注文。

ここはワインリストが無く、ワインはお店の棚にかざっているボトルに金額と
コメントが書いているという珍しいものでした。

百種類以上も自然派ワインが並ぶとさすがに選ぶのに一苦労。
喉は渇いているけれども飲みたいワインを選んで選んでいると十分経過。
さすがに焦ってきて漸く探し当てたのがこれ!

フィリップ・ジャンボン ジャンボン・ブラン 2004?

ボージョレーで名を馳せるこの造り手はもちろん赤が特に有名。
小生も白ワインを造っているのを知りませんでした。
テーブル・ワインなので年号はラベルに記載されていませんが、最後の
一本の2004年ものだそうです。

まさに自然派の、濃厚なアロマと口あたりでさっぱりとした余韻は完成度が
非常に高く、ビオもここまで来ると他の銘醸ワインに肩を並べるだけの品質を
伴ったのだな、と感じます。
一本があっという間になくなる旨さ!です。



料理も自然派ワインにピッタリの素材重視の料理ばかりで肩肘張らずに
ワインを楽しみたい方は探してみてください。



トリップの煮込み

フォンドボーでモツを煮込んだこの料理はびっくりする旨さ!
ご飯が欲しくなる・・・・