ボランジェ・ロゼ

Bollingerロゼが発売されました!
先日、お披露目テイスティング会に行ってきました。
ボランジェがなぜ今までノン・ヴィンテージのロゼを造っていなかったかというと、
昔はロゼというと一般的に今ひとつ品質が安定しておらず、高級シャンパーニュには匹敵しないと、
かのマダム・ボランジェは考えていたそうで、ロゼの生産には反対だったとのこと。
しかし時代の流れも変わり、沢山の高品質なロゼ・シャンパーニュが溢れるようになり、
またロゼの人気も一時的なものではなくすっかり定着したこともあり、
生前、亡くなる少し前にマダム・ボランジェはついに生産を許可したそうです。
そしてマダム・ボランジェの残した「ロゼを造るなら最高のものを・・・」という信念を貫くべく
10年以上もの間、研究に研究を重ねたというのがこちら!ついに店頭にでました。



グランクリュのアイとヴェルズネィのピノ・ノワールで造られた赤ワインが5~6%ブレンドされ、
またマグナムボトルで熟成されたリザーヴワインも5~10%加えられ、
ボランジェのクラシカルなスタイルを体現したボランジェの名に相応しいロゼが誕生しました。
味わいはというと、ラズベリーなどの赤い果実の活き活きしたアロマが全面的に出て、
繊細で優しい泡が口の中で柔らかく広がります。
円やかなコクにほんのりと甘みがのり複雑で絶妙なバランスの良さはさすがボランジェです。
エレガントで柔らかいという印象でした。
ロゼの生産量はボランジェ社全体の5%程度、今回日本への入荷は1200本とのこと。
お値段もそれなりにしますが、納得という感じでしょうか。12,600円です。
今後は徐々に本数を増やしていくそうです。
ロゼはあまり・・という方にも是非お薦めです。