サヴォワ地方の旅行.3

昨日トラブルを無事解消、ジュネーヴから目的の宿泊先へ

IMG_2572.JPG

アトモスフェール

IMG_2233.JPG

ここはエクス・レ・バンの対岸、ブールジュ湖を臨む高台のレストランです。

12年前、ドメーヌ・ルイ・マニャンを訪問した際に、奥様のベアトリス・マニャンに連れてきてもらったレストランで、ガストロノミーらしい料理が楽しめるレストランで、宿泊用の部屋は僅かに5部屋というところ。

今度サヴォワ地方に来るときには、一度宿泊して、料理を楽しみたいと考えていたところで、ようやく念願叶った感じです。

IMG_2240.JPG

夕暮れ時を、アペリティフで楽しんで、いよいよ食事です。

IMG_2525.JPGIMG_2520.JPGIMG_2522.JPGIMG_2524.JPG

もちろんこの地の淡水魚を使用した料理は欠かせません。小魚のフリットに、オンブル・シュヴァリエ、また地物に拘るシェフだけに、ナイフはシャンベリーのオピネルなど、気持ちよくさせてくれます。

IMG_2530.JPGIMG_2528.JPGIMG_2526.JPGIMG_2527.JPGIMG_2525.JPG

特に美味しかったのは、やはり大型のイワナに近いというオンブル・シュヴァリエの一皿といろいろな調理法で一皿にしたレギュームが際立っていました。

IMG_2246.JPG

ちなみに、ワインはアイーズ村の有名なドメーヌ・ベリュアールのスパークリング(グランジェ100%)、お馴染みデュパスキエのルーセット・ド・サヴォワ・マレステルのちょっと熟成感のある2005、お勧めのグラスワインでモンドゥーズ種の赤、〆はやっぱりシャルトリューズです。

さすがに食べ過ぎ飲みすぎでしたが、大変な一日を乗り切った最後の取って置きのご褒美を堪能しました。

よい結婚20周年を迎えることが出来た夜です。