サヴォワ地方の旅行.1

今年は恒例のワイン買い付けは、副店長の平間に託して、私は9月のフランスに旅行を計画。

多くの歴史的な遺産や伝統、食文化、美しい村、大自然の素晴らしさ等、フランスには見どころが沢山ですが、いつもはワインを中心とした視点での、ビジネス的な訪問が多いため(当然ですが!)、フランスの多くの魅力的な部分を指をくわえたまま通り過ぎることも多く、若干消化不良な部分があります。

IMG_2060.JPG

今回はそんな気持ちを少し整理する意味合いも含めて、フランス東部、アルプスに抱かれたサヴォワ地方を旅行しますので、少しだけブログにアップしたいと思います。

今回は、時間を最大限有意義に使えるエール・フランスの深夜便にて出発です。これだと、仕事をある程度しっかりと行った当日夜に出発できます。

早朝4:30にパリ、シャルル・ド・ゴール空港に到着予定ですが、大概早めに到着します。今回も3:50には到着です。何とも早い、そして早朝の気温は9℃という寒さです。

そのまま空港から直接出発する、朝一番のリヨン行きのTGVに乗って、朝9:30にはリヨン観光に出発できるという便利さです。(予約のホテルに荷物だけ預けて出かけられるのが嬉しいところ)

IMG_2075.JPGIMG_2074.JPGIMG_2073.JPG

早速、今は亡きフランス料理界の偉人であるポール・ボキューズ氏の名を関した市場を散策、ここは食に興味のある人はとっても楽しいと思います。見てるだけでもワクワクですし、それを味わうことはなお楽しいことです。

IMG_2087.JPGIMG_2086.JPG

また、マルシェは大きなものだけでリヨン各地で4か所定期開催されており、これがまた楽しいですね。今回はサン・タントワーヌのマルシェでちょっとお買い物です。

IMG_2103.JPGIMG_2098.JPGIMG_2099.JPGIMG_2081.JPGIMG_2083.JPG

紀元前、ローマ帝国の拡大と共に、ワイン産地としていち早く銘醸地となったローヌ河流域に位置するリヨンだけに、その後のキリスト教の影響も大きく、大小の教会や大聖堂など見どころ沢山です。

IMG_2105.JPG

そして、料理では伝統的なクネルやアンドゥーイェット等、古典的で重めのしっかりとした大衆的料理が大人気ですから、ここでは是非味わってみたいものです。

IMG_2119.JPGIMG_2112.JPGIMG_2114.JPG

また、大衆芸能として有名な人形劇のギニョールはリヨンのシンボルともいえるものかもしれません。

できれば数日滞在して、もっといろいろ味わったり経験してみたいことがありますが、明日は一番の目的であるサヴォワ地方へと出発したいと思います。

その前に、今日の夜はポール・ボキューズ市場でいろいろ飲み食い堪能したいと思います。