フランス買い付け初日〜ロワール〜

こんにちは、ラ・ヴィネの下山です。 今年3番手となる僕の買い付けは、前半ロワール地方、後半にシャンパーニュ地方を回ります。 ロワール上流域から中流域を経て、下流域のミュスカデの生産者を訪ね、シャンパーニュはグラン・クリュやプルミエ・クリュがあるモンターニュ・ド・ランスやコート・デ・ブラン、さらにヴァレ・ド・ラ・マルヌを回ります。 CE655500-A8DF-47EA-9717-1049E539E70E.jpegのサムネイル画像 記念すべき一軒目はラ・ヴィネとお付き合いがあるプイィ・フュメのミッシェル・レッドです。 若き当主が丁寧に説明してくれた各キュヴェは、この土地らしい豊かなミネラル感が綺麗に表現されていました。 2017年はリッチで、2018年はエレガントなスタイルとの事! そして後半には20年以上寝かせたこんなバックヴィンテージも試飲させてもらいました。 0B3E7FE9-D907-4DD9-B4F6-BD605A7DD345.jpeg これはまさに黒トリュフの香り! 余韻も長く素晴らしいワインでした。 E06D337B-5B99-4EEE-93DA-FF7AB52CB69C.jpegのサムネイル画像 最後は愛犬も来てくれて写真撮影。 086BE833-C981-4F01-B095-50C0F4957BD4.jpeg 続いてはサンセールの小さな蔵元です。 ここのワインは日本はおろかフランスでも入手が困難。 サンセールの白はもちろんの事、ピノ・ノワールの赤が素晴らしく、なんとか分けてもらえる様に交渉してきましたので、お楽しみに。 89DC1F47-868F-4259-A6B9-6F83F49FE388.jpeg 3軒目はラ・ヴィネが長年深いお付き合いをしているジットンへ訪問。 昨年はラ・ヴィネにも来てくれましたね。 当主パスカルさん自ら運転して、自慢の畑を見せてくれてました。 216C4DDB-59F0-4509-AC04-27C052DC4EBC.jpeg その後は2018年を樽から試飲させてもらいました。 どれもしっかりしていて豊かなミネラル感。流石のクオリティーでした。 F0A38FEE-9F16-4291-928F-78DD8D3B00D0.jpeg 明日はロワールの中流域を回ります!