あ、タイトルまとめちゃった

またまたこんにちは。

ラ・ヴィネの福田です。

このブログを書いてる途中でパソコンの不具合により今までのが全消去...

もうすぐ書き終えたのに...

気を取り直して頑張りましょう!

本日はラングドックの訪問です。

今回の買い付けにあたり、

ラングドックはどうしても訪れたかったところ。

この機会をくれたお店のスタッフには感謝です。

一件目はピク・サン・ルーのカズヌーヴ。

IMG_1713.JPG

この地の優良生産者です。

フランス国内向けに70%造っていて、

伝統あるレストランやショップにしか卸さないんだとか。

「うちは専属契約なんてしないよ。

本当に欲しい人に少量でも分けてやるんだ。」

男気ー。

2件目はマス・フラキエ。

ビオディナミに力を入れている蔵元で、

熱弁してくれました。

IMG_1724.JPGIMG_1723.JPG

下は牛の糞と角を混ぜたもの。

中世から伝わる手法で、

これを畑に少量まくと強いブドウになるのだとか。

え、あいまいな記述が多い?

そうなんです。

実はあらかじめ用意しておいた資料をここに置き忘れてしまいました...

明日取りに行きます...

続いてはフォジェールのペイルグランド。

ここも当店と付き合いのある蔵元です。

IMG_1744.JPG

対応してくれたローランさんはかつてはパリで働いていたそうです。

内気そうでしたが非常に誠実な方でした。

「うちの畑見る?」

と言って連れて行ってくれたところが蔵元がある丘の頂上にある城跡でした。

これはうれしいサプライズ。

彼の愛車のフィアットで連れていってもらいましたが、

運転も彼の人柄通りの丁寧さ。

IMG_1742.JPG

絶景でした。

畑は離れたところにあり、

標高もかなり高いようです。

あの素晴らしいエレガントさはそこ由来なんですねー。

本日最後の訪問は同じくフォジェールの新規生産者。

ここで迷子になってしまい、

約束の時間に到着できず。

電話をしたり、どうにかたどり着けました。

「Middle of nowhere」と笑いながら許してくれました。

感謝。

IMG_1754.JPG

シャンパーニュ地方から引っ越してきて間もないらしく、

まだ新しい生産者です。

味わいはエレガントそのもの。

ここはぜひ皆様に紹介したいですねー。

女性当主は非常に勤勉で、

ラ・ヴィネの事も調べていてくれました。

メルシー・ボク!

今日はベジエにて宿泊。

明日は移動日です。

ちょっと観光。でもその前に資料取りに行かなくっちゃ...