こんにちは、阿保です。

フランスでの生産者訪問の旅も本日で終了です。

生産者訪問を開始して丸々7.5日、多くの蔵元を毎日訪問する日々はとっても濃厚で凝縮した毎日で、とっても長いと思っていましたが、終わってみればなんて短かったんだろうと思ってしまいます。

最後の蔵元訪問を開始です。

IMG_0931.JPG

まず一件目は、エペルネをマルヌ河沿いに西に少し行ったヴァントゥイユ村の蔵元。

全く蔵元のサインも出していない蔵元!現代のGPSがなければ苦労しそうな蔵元訪問です。

観光客に売らなくても、いくつかお付き合いする世界のワイン業者とのお付き合いだけでいいんだそうです。

ちょっと神経質なジャン・ピエールは、畑を見せながら、無造作に畑の畝を通ったトラクターの足跡が気に入らないようで、その認証を取らない有機栽培にも細心の注意を払って行っているようでした。

個人的には結構好きです。

IMG_0922.JPGIMG_0918.JPGIMG_0910.JPG

シャンパーニュの味わいもなかなか期待を裏切らないもの。全体的に色合いも濃く凝縮感がありながら、且つ透明感ある味わいが魅力的。少し長く瓶熟成を行ったものもあり、これはなかなかの掘り出し物でした。

この後は更に西へ移動、シャトー・チエリーでお昼を適当に済ませて、午後一番で向かうのは、シャンパーニュエリアでも最西端のエリアにあるシャルリー・シュール・マルヌ村の蔵元。

IMG_0936.JPG

こちらは若いルドヴィックが現在シャンパーニュ造りを行う蔵元。こちらもなかなかよい熟成感ある味わい深いものを仕込んでいて期待を裏切りません。こちらも全く認証には興味がないようですが、有機栽培を実践しているそうです。

今日は僅か二軒の訪問でしたが、とても満足度の高い訪問となりました。

IMG_0949.JPG

ようやく全行程を終了して、パリに到着。

ここ数年はGARE DE LYONでレンタカーを返却しています。

今夜はお世話になっている方々と、人気のお店でにぎやかな食事を楽しませてもらいました。

IMG_0955.JPGIMG_0956.JPGIMG_0951.JPG

今回の買い付けで仕入れたワインは、これから早いものだと9月頃から、年末に掛けていろいろご紹介していきますのでご期待くださいませ!