フランスに買い付けに来ています!

慌ただしくバタバタとやってきたフランスへの買い付けも
いよいよ明日が最後なんです!

紛らわしくてすみません。
(うっかり喜んだ人、先生怒らないから手をあげなさい・笑)

ラ・ヴィネではフランスの様々な地域に買い付けに行きますが、
毎年交代で欠かさず訪れるのは、シャンパーニュのみ。

今年はわたくし花島が、初の買い付けということで、
シャンパーニュへ行かせてもらいました!

かれこれ、シャンパーニュに訪れたのは、
およそ20年も前の研修旅行。その頃はグラン・メゾンを数えるほどしか知りませんでしたが、
改めて調べてみると、日本でも知られていないたくさんの造り手さんが、たくさんいるんですね。

そんな中、今回はいくつか既に取扱いのある造り手さんへも、
ご挨拶を兼ねて伺うことにしました。

まずは、ベルトラン・デュヴァヴリー
現在は在庫があるのはラタフィアのみですが、個人的にも一度行ってみたかったので念願かなって訪問しました。


テイスティングは写真の通り大ぶりのグラスで。複雑味をより味わってほしいということのようです。

そして、別の日ですが、グローヴ村のドリアン・ヴァランタンにも訪問してきました。

オーナーご夫妻が出迎えてくれ、豊富なストックをじっくりと拝ませていただきました。

しかし、ご夫妻が話すはフランス語のみ(泣)。
英語が全くわからないとのことで大変でしたが、本当に親切にご対応いただきました。
(奥様は次の訪問地も気にしてくれて、道順を丁寧に教えてくれました)
画像は、質問の際、これを写真にとりなさいとパンフレットを持ってくれている様子です(笑)。

その後、もう1軒、ぜひ伺いたかったジェラール・デュボワ



行ってみると、蔵には人気がなく、電話してみたところ車で登場。
荻原社長が訪問時に撮った写真をわざわざ出してきてくれました。

ミュズレが大好きな猫がいて、とてもかわいかったですよー
人なつっこいLucien君は、カーヴを案内してくれている間中、オーナーに甘えていました(笑)。



現在取扱いのあるどの蔵元も、とてもレベルの高いシャンパーニュを造っていることを、
今回の買付で改めて実感しました。

シャンパーニュのあとサヴォワへ行き、今は最終買付地のマコンにいます。

シャンパーニュはもちろん、サヴォワ・マコンでも
面白いワインを見つけましたので、ぜひご期待ください!