久々のブラインドテースティング!

先日、久々にスタッフと残ってブラインドテイスティングをしました。
昔は月2、3回そういったことを友人としたり、ブラインドで行うワイン会に参加していましたが、最近は全く遠ざかっていたので、久しぶりに改めて勉強になるな~といった感想。

今回は、スタッフの岩本さん(常勤ではないスタッフだけど、昔からラ・ヴィネで働いていて、実は誰よりもラ・ヴィネを良く知っている・・)が差し出してくれた一本。

ボルドー サン・テミリオン CHATEAUX CADET PIOLAT ’89 

私を含め社長も店長も皆、カベルネ系左岸のワインを探していました。
もしくは右岸でもカベルネ・フラン主体のもの。意外でした、とっても。
ボトルを見たときのメルローか~という皆の声。
確かにあとから思えばタンニンの感じはメルローでしたし、色もオレンジがかってカベルネ・ソーヴィニョンの熟成したものより明るくオレンジがかった印象はあったのですが・・ヴィンテージやシャトーによるし・・とか色んなことを考えてしまい、というより何より香りはカベルネだったのでまさかメルローとは思いませんでした。







岩本さん曰く、ブラインドは脳の活性化に良いそう。確かにいろんな要素からあれこれ考えを巡らせたり、自分の飲んできた数々のいろんなワインを忘れていた記憶の片隅から一生懸命思い出そうとするので、普段使ってない脳の部分を使った気がします。



写真は肝心の岩本さんが写っていません。。。ごめんなさい。

そしてもう一本、こちらも岩本さんから
CHAMPAGNE JAQUES BEAUFORT 1989 CHATEAU DE POLISY DEMI SEC
こちらはブラインドでなく普通に飲みました。素晴らしく美味しかったです!
ドゥミ・セックってもっと甘い印象もあったのですが、このキュヴェは絶妙なバランス。
後半はレモンのような綺麗な酸と爽やかさに、蜂蜜っぽさが広がりいつまでも口の中に残っていました。

POUILLY FUISSE -EN BULAND- 2004 DANIEL ET MARTINE BARRAUD
こちらは平間さんより。パワフルな果実味が印象的な樽を上手に使った造り手。
ジャン・マリー・ギュファンと並ぶ有名な生産者です。



どちらもそれぞれ美味しく、個性が強く、今晩は気持ち良く眠れそう・・という会でした。

最後に盛り上がったところで、今度からブラインド大会を定期的に行おう!という話でまとまりました。
本当ワインっておもしろいですね~。