ヴィオニエ

先日、ボルドー大試飲会が行われ、行ってきました!05年が飲めるなんて・・・
個人的に一番はランシュ・バージュでした。期待したピッション・ラランドは全く閉じていて印象に残らず・・でも他の知人に聞いたらランシュ・バージュは今ひとつ、ピッション・ラランドは良かったとのこと。
時間のなさと量の多さもあって、13時から行ったにも関わらず、17時ぎりぎりまでいて、後半、ピッションとかレオヴィル・バルトンあたりは味わうというよりこなしていく、という感じになってしまいました。
そしてグリュオー・ラローズはボトルが終わってしまい飲めなかった・・反省。次回はメドックから始めよう。(今回はペサック・レオニャンの白・赤、サン・テミリオン、ポムロール、メドックの順で試飲しました。)
でも、これらが一体いくらの値段なんだろう?と思うと考えさせられます。

話は変わって、先日たまたま目にしたヴィダル・フルーリーのヴィオニエを他店で購入したので、それに合わせて料理をしました。

ヴィオニエにもいろいろあるので、ヴィオニエに合う料理って一体?とみてみると、エビチリ、と書いてあるものが実に多く、本当か試してみたくなりました。材料も全て家にあったということもあり、作ってみました。答えはというと、このキュヴェにはとても良かったです。

ワインはとてもスパイシーで、ヴィオニエのフローラルなニュアンス等はあまりなくスパイシーさが際立っていました。そして味わいもどちらかというと軽めでドライ、少しアルコール感を感じましたが、逆にそれらの要素がエビチリにはピッタリでした。
相乗効果というよりは、お互いの味を邪魔しないという感じでしょうか。おそらくコート・デュ・ローヌやヴァン・ド・ペイのヴィオニエに丁度良いと思います。そしてこのヴィダル・フルーリーは山椒や、カレー風味のようなスパイスの効いたものでも大丈夫でしょう。ただ、AOCコンドリューのようにこれ以上ワインの味わいに果実の凝縮感、また白桃やアプリコット、ジャスミン系の花の香り等の複雑味が増すと、エビチリには難しいと思います。

次回、当店のドラスのコンドリュー2000年に合わせて何か作ろうと思っています。
これを開けるのは個人的に楽しみです。熟成感もあるし、何が良いかなぁ。
やはりフレンチ(勿論家庭料理で)でしょうか?どなたかお薦めがあったら教えてください。