Agnes Hotel ワイン会報告(2006.08.31)

神楽坂にある隠れ家的ホテル”アグネスホテル”にて8月31日
ラ・ヴィネ主催「ワインと料理を楽しむ会」が開催されました。

いつもと違ってとても大人を感じさせるとてもシックでゴージャスな
会となりました。



久しぶりのワイン会ですが、アグネスホテルGMの千賀様
そして、総料理長大河原シェフのご協力で、近年最も格調の高い
ワイン会となり、参加者の方々から大絶賛を頂きました。
ありがとうございます。


今回、ご出席の方々から大絶賛の大河原総料理長
シャイな40歳


開始直後の風景です。


CHAMPAGNE MARIE DEMETS CUVEE 19EME BRUT S.A.
日本初登場のシャンパーニュで乾杯!


フォアグラと鴨肉のティラミス仕立て
那須高原とうもろこしの葛寄せとコンソメジュレ
無花果とみょうがのピクルス
いんげんのサラダを添えて ビーツのドレッシング

ティラミス仕立てが繊細で中々素晴らしく、感動して
いる方が沢山いらっしゃいました。


CORSE CALVI BLANC CLOS REGINU 2005
DOMANE MASTRACCI

新鮮な魚介の素材を壊さないコルシカの白ワイン
今回はレンコ鯛のようにシンプルなものには最高の
相性を見せてくれました。


長崎産れんこ鯛と天然の車海老のソテータイム風味
根菜とイベリコ豚のサルシッチャの軽い煮込み
トマトのフォンデュ 根セロリのアクセント

本当は車海老ではなくウチワ海老だったんだけど
水揚げが無く急遽天然の車海老となりましたが、
その触感は正しく極上もので、甘味も十分で食べた瞬間
この車海老凄いな~という感じでした。


IRANCY “COTE DU MOUTIER” 2003
DOMAONE COLINOT

黒々した濃縮されたイランシーは、和牛のトロトロの味わいでもバッチリ
和牛がかなり凄かったのでワインが負けるかと思ったらピタピタ。
2003年の単一畑ものでもありパワーが違いますね。


鳥取産田村牛のあぶり焼き 
古代米と牛蒡のリゾットと賀茂茄子と万願寺唐辛子のグリエ
京水菜と浅葱のソース しその香り

田村牛って聞いたことなかったけど、かなり旨かった。
シェフお気に入りの和牛とのこと。サシがいっぱいあって
本当にトロトロだけど、後味がくどくないところが素晴らしかった。

この後、ゴルゴンゾーラとカオールのワインが合わせられました。
ブルーチーズとカオールはやっぱり抜群の相性を見せてくれますね。

今回は穏やかなゴルゴンゾーラ、ロックフォールでも良いのですが
2003年のカオールは果実味が強いので、塩味が強いと甘さが強調
され過ぎるのでゴルゴンゾーラで丁度良かった。

そして締めくくりのデザートには、デザートワインの王道ソーテルヌを
用意しました。これまた大河原シェフが作ったデザートにピタピタ。
ソーテルヌの甘味とグレープフルーツの酸味とのバランスも見事でした。

デザートワイン
CHATEAU PASCAUD VILLEFRANCHE 2000, SAUTERNES

デザート
フロマージュブランのムースとパイナップルのコンフィチュール
白ワインのジュレ グレープフルーツのスープ

あ~今日は楽しかったな~。
初めてのところだったので少し緊張したけど。

今回、アグネスホテルを利用して、驚きと満足感。
また利用したいという方が続出。
このホテルは理科大の真裏にあり、隠れ家的存在。

そうそうこのホテルの5階には「ル・シエル」という16名前後で会食が
できる部屋があって、その部屋でシェフがライブ感覚で調理したものを
出してくれる。

ル・シエルの料理も本日大好評だった大河原シェフが担当しています。
色々相談して美味しい料理を作ってもらうといいですよ。

彼の前向きさと誠実さが料理に表れ、とても楽しい会となりました。
GM千賀様のバックアップにも感謝申し上げます。